You are here:  / 部屋探し中に気になる!マンションとアパートの違いとメリット

部屋探し中に気になる!マンションとアパートの違いとメリット

マンションとアパートってどう違うの?

部屋探しをしていると、マンションやアパート、ハイツ、コーポなどの種類があることに気づくでしょう。ハイツやコーポは実質的にはアパートと同じです。ではマンションとアパートはどのように違うのでしょうか。なんとなく、マンションの方がアパートよりもちょっとだけ豪華、みたいなイメージを持っている方も少なくないでしょう。実際にどのような違いがあるのか、それぞれのメリットやどういう方にオススメかについて紹介します。

家賃の予算に余裕がある方はマンションがオススメ!

マンションのメリットは、見栄えが良く建物の性能が良いことがあげられます。入口にエントランスがあることが多く、アパートに比べると華やかな外観です。鉄骨や鉄筋コンクリートの造りであることがほとんどのため、耐震性や遮音性、耐火性が優れていて、居心地がとても良いでしょう。ただし同じ立地のアパートと比べると、家賃が高めになります。そのため家賃の予算に余裕のある場合でないと、部屋探しの候補に挙がりにくいでしょう。

アパートは家賃は抑えたいけど立地重視の方にオススメ

アパートのメリットは、マンションと同じ立地でも家賃が安価な傾向があることです。また、立地と家賃が同じ程度でも、アパートの方が部屋が広いということも多くなります。そのため、立地や部屋の広さを優先したいけど家賃は抑えたいという方にオススメです。しかし、木造や軽量鉄骨の造りが多く、遮音性や耐震性といった建物の性能はマンションと比べると劣ります。ただし、家賃の上限を設定したうえで部屋探しをすると、アパートの選択肢が多くなります。そのためアパートの方が細かい希望を満たす部屋を探しやすいとも言えるでしょう。

函館市の賃貸マンションは、実際に住んでみてもしも居心地が悪いと感じたり、思っていた感じと違っていたらすぐに引っ越すことが可能です。