You are here:  / 注文住宅の間取り設計で手掛かりになる三つのポイント!

注文住宅の間取り設計で手掛かりになる三つのポイント!

動線を意識して設計!移動しやすい注文住宅の間取り

注文住宅で間取りを考える際の要点の一つは、動線を意識することです。動線は、人が頻繁に移動する経路を表したものです。人が空間内で効率的に動こうとすると、一定の同じ道筋を辿ります。そこで注文住宅の間取りは、できるだけ最短距離で、かつ交差しないように動線を描くよう設計するのが基本ですね。そうすれば、住宅内での移動の負担を極力省くことができ、また廊下などが渋滞せずに済むでしょう。普段の行動を意識しながら、どのような行動を取るかイメージして設計すると、動線をつかみやすいです。

設計に役立つゾーンの概念!注文住宅内を大まかに分類

間取りを決めるヒントとして参考になるのが、ゾーンの概念です。住宅内の部屋は、その目的によって大まかに分類できますね。例えば、子供の部屋や寝室などは、プライベートゾーンに該当します。一方で共有して使用するリビングなどの部屋はパブリックゾーンに当たります。その他、トイレや浴室などのサニタリーゾーン、各部屋をつなぐ階段や廊下などの通路ゾーンといったように分類が可能です。注文住宅の設計でつかみどころがなかった間取りの計画も、ゾーンを意識するとイメージの助けになるでしょう。

収納スペースも必要!注文住宅のデッドスペースを活用

注文住宅の間取りを決める上で見過ごしがちな要素であるのが、収納スペースです。部屋の中を整理整頓するには、収納スペースが広い方が有利ですね。しかし建物内のスペースは限りがあるため、どの程度の収納スペースを確保するかが問題です。収納スペースはできるだけ広いほど便利であるものの、収納空間を広く取り過ぎると今度は生活空間が圧迫されるでしょう。そこで注文住宅内のデッドスペースを収納用に活用すれば、生活空間と収納スペースの両立が図れますね。

足立区で住宅を購入するなら、地元の工務店がおすすめです。足立区の注文住宅を建設するにあたって、しっかりとした対応をしてくれるので、とても信頼できます。