You are here:  / 中古マンションを購入してリノベーションするメリット

中古マンションを購入してリノベーションするメリット

中古マンションを買うにはそれなりの理由がある

中古マンションを購入する人が増えています。普通、賃貸マンションは新築の時が一番価値が高くて、中古になるとその価値が下がってしまいますね。欧米の一戸建て住宅などは時間が経過するごとに味わいが出てくるため、時間の経過かととも価値が上がり中古住宅の方が価値が上がっていきます。ですが、日本の住宅はそのようなことはなく、新築に比べると中古住宅の方が価値が低くなるのです。ですが、中古マンションを購入してリノベーションすれば価値が上がるのです。

リノベーションとは何か

では、リノベーションとは一体なんでしょうか。リノベーションはリフォームの一種ですが、リフォームは原状回復としての意味があるのに対して、リノベーションは新築の時の状態に比べて価値を上げることです。具体的には、ワンルームマンションの場合であれば、リノベーションをして水回りを取り払いソーシャルアパートメントにすることで、入居者が少なかったワンルームマンションも一気に火が付いたように入居者が増えるでしょうね。

ソーシャルアパートメントにするメリット

ソーシャルアパートメントにリノベーションする場合にはどのようなメリットがあるでしょうか。まず、20代の独身男女が集まってきます。なぜなら、20代は高いワンルームマンションに住むよりは、少しでも安いソーシャルアパートメントに住みたいと考える人が多いからです。また、水回りを共有をしてもいいと考えている人も増えているのです。ただし、多くの人が入居するのは、駅の近くの物件にすることと賃料をワンルームよりも安くする必要がありますね。

近年リノベーションマンションが増加傾向にありますが、その大きな理由が建築資材の高騰です。現在の相場においては、リノベーションを施す方が経済的なので、この傾向は今後も続くと予想されています。